toggle
2015-12-18

エルゴ国内正規品を手に入れるために注意すべきコト11点

Pocket

 

とかく人気のあるブランド服やバッグには、必ずと言っていいほどコピー商品が出回る昨今です。

しかし、今や違法な偽物はファッションアイテムだけに留まらず、赤ちゃんの命綱とも呼べる「抱っこひも」にも被害が及んでいるのだとか。

世界中のママから絶大な支持を誇るエルゴの抱っこひもも決して例外ではなく、人気商品であるがゆえにパッと見は本物と見分けがつかない精巧な偽物が多く出回っている状況です。

そこで今日は、大切な赤ちゃんを危険にさらさないためにも、エルゴの国内正規品と偽物を見分ける方法をご紹介したいと思います。

エルゴとは

エルゴは2003年、ハワイのマウイ島で誕生した人気の抱っこひもブランドです。抱っこする人と抱っこされる赤ちゃんの「快適性」を追求したエルゴミック(人間工学)デザインは、その使いやすさとデザイン性に富んだビジュアルから、発売当初から現在に至るまで有名人はもとより世界中のママから愛されて続けています。

エルゴベビーの最大の特徴は、何と言ってもその太いベルトとショルダーストラップ。

腰骨にぴったりフィットするように計算された幅広ベルトと、肩への食い込みを防止するだけでなく動きやすさにも配慮されたパッド入りの丈夫なショルダーストラップは、抱っこする人の身体にかかる負担が少ない設計になっているため、長時間の使用でも疲れにくいと言われています。

赤ちゃんにとっても、自然な体勢であるエルゴミックポジション(足を蛙のように開脚した姿勢)がとれることから、抱っこひもの中では快適な時間を過ごすことができます。

また、デザインが豊富なエルゴはおしゃれなママからの支持も厚く、ファッションの一部としても楽しめるアイテムとなっています。

エルゴの偽物とは

エルゴは、国内で使用されている抱っこひものシェアが半数にのぼるとも言われており、今やその人気は不動のものとなりました。

ですが、圧倒的な人気の陰では多くの偽物が出回り続けており、その被害額は甚大であることもわかっています。

最近行われたNHKのニュース番組による調査では、ネット通販で販売されているエルゴの抱っこひもの半数以上が精巧に作られたコピー商品であることがわかっており、その裏付けとして、番組内で無作為に取り寄せた25品のエルゴベビーを調べたところ、その6割が偽物であったことが報告されています。

偽物の特徴としては、一見しただけでは本物と区別ができないほど外見が似せて作られていることが挙げられます。

しかし、外見はそっくりでも、偽物は正規品と比べて強度が弱く、安全性に関しては全く配慮されていないことが番組の検証でも明らかになっており、使用中にバックルや生地が破損すると言った「赤ちゃんの落下事故」に繋がる可能性が高いこともわかっています。

国内正規品と偽物の見分け方

【エルゴベビーの日本正規総代理店ダッドウェイ】
▼  ▼  ▼

①バックルにあるロゴ

2011年以降に販売されているエルゴベビーのバックルには、オーガニックブラックとスポーツ系を除いた全ての商品にロゴの刻印があります。

ロゴの確認の際は、外箱とバックルのロゴが同じ筆記体のマークであるかどうかを見極めましょう。ただし、2012年にロゴ変更も行われているため、それ以降の発売分については新しいロゴの確認が必要です。また、最近ではロゴのあるバックルが使用された偽物も出回っていることがわかっていますので、本物との相違点を注視してください。

②ダッドウェイ社の保証書

2011年以降のエルゴベビーには、製造元であるダッドウェイの保証書が必ず付いています。正規品であれば2年保証、並行輸入品の場合は1年保証がついた保証書シールが貼られています。ただし、2011年以前に販売されていたものは、保証書が付いていない可能性もあります。

③シリアルナンバーと製造国

正規品は前ポケットの中に、シリアルナンバーと製造された国名が記載されたタグが入っています。ちなみに、エルゴベビーを作る工場は中国には存在していませんので、タグに中国製と書かれていた場合は偽物です。

④検印やRマークの有無

正規品には、タグの部分に紫色の検印がされています。(旧ロゴには青色の検印)

Rマークは2種類存在しており、製造工場の違いで違う書体が使われていますが、2012年以降の商品からはRマークではなくオレンジとグレーの配色のTMマークが使われています。

⑤バックルの質や形

正規品は、軍隊にも使用されている強固で丈夫なバックルが使われています。形も、正規品と比べると一目瞭然な場合が多く見られます。

縫製の確認

これは服やバッグのコピー商品にも言えることですが、偽物はとにかく縫製が雑です。真っすぐなラインで縫われているか、ボタンの留め方や生地の合わせ方にも注目しましょう。

ショルダーストラップやクッション

正規品は肩ひもが7ミリなのに対し、偽物は9ミリ近くあるようです。また、クッションの弾力も本物はもっちりとした重厚な弾力がありますが、偽物はスポンジが軽くうすっぺらい作りとなっています。

スリーピングフード

スリーピングフードのスナップボタンが均一に配置されていないことや位置がずれている、フード内にロゴマークが無い場合は偽物です。
ただし、2013年より前の商品にはフード内にロゴマークはありません。

⑨腰ベルトの硬さ

偽物はただ硬いベルトであるのに対し、正規品はしなやかな硬さで身体にフィットするようにできています。

⑩チャックのファスナー

正規品は引き手部分にロゴがあります。

⑪価格

正規品の価格は15000円から23000円程度となっており、基本的にセールはありません。かなり値段が安い場合は要注意ですが、最近では偽物とわからないように本物と似た価格を付けている場合もあるため、注意が必要です。

まとめ

ネット通販でエルゴを購入する場合、そのほとんどが「並行輸入品」と書かれています。

並行輸入品とは、第三者(輸入代行者)が人気のある海外のブランド製品を現地で買い付けて、日本で販売する方法です。こちらは、正規の国内代理店を一切通さずに販売しているため、本物か偽物かの区別が大変曖昧であり、中には偽物も多く紛れています。

また、並行輸入品の場合、正規代理店でのアフターサービスを受けられないことも多く、保証期間も無効の場合があります。

抱っこひもは赤ちゃんの命綱と言っても過言ではないアイテムですので、確実な正規品を購入するためにも、デパートやトイザラス、赤ちゃん本舗など正規代理店で購入するか、ネット通販の場合はダッドウェイの公式ページから注文することをおすすめします。

追記:最新情報

11の見分けるポイントを紹介していましたが、徐々に巧妙化し偽物と正規品の見分けがつかなくなっています。

そこで対策として、『物体指紋認証技術』が2015年11月以降に出荷された新商品から導入されています。エルゴベビーの日本正規総代理店ダッドウェイから『専用アプリ』で製品の一部を撮影すれば○×で見分けがつくようなのでお試しくださいね。

それより確実なのは、値引きはされませんが日本総代理店ダッドウェイから購入するのが間違いないでしょうね。

【エルゴベビーの日本正規総代理店ダッドウェイ】
▼  ▼  ▼

関連記事
Comment





Comment