toggle
2015-12-22

「お荷物」なんてもう言わない!抱っこひもをスマートに持ち運べる収納カバーとは

Pocket

今や、赤ちゃんとのお出掛けに抱っこひもは必需品ですよね。どこへ行くにもアクティブに動ける抱っこひもは、フットワークの軽いママたちの間では「使える!」として大人気なのだとか。ですが、抱っこひもは便利な半面、赤ちゃんを抱っこしていないときの抱っこひもほど邪魔なものは無いと答えるママも決して少なくはありません。

そこで今日は、お出掛けのときに重宝する抱っこひもの収納カバーについて、ご紹介していきたいと思います。

収納カバーがあると得られるメリットとは

赤ちゃんを車に乗せたり歩かせる際には、当然ながら抱っこひもは不要となります。

ですが、抱っこひもがバッグに入りきらなかったり、そのまま腰につけたままダラーンとさせた状態を不便と感じている人は多いようです。特に、小柄な女性の場合、腰に抱っこひもを装着したままでは垂れさがったベルトで転倒する危険もあるため、あまりおすすめはできません。

また、親子で参加するベビー教室やお友達のお家にお邪魔したときなども、抱っこひもの置き場所に苦労するという話をよく聞きます。自宅のようにテーブルやソファの上にポンッと置く訳にはいかないのが、ママ友付き合いってモノかもしれませんね。

そういった理由もあり、抱っこひもユーザーの間では「コンパクトにまとめられる」「ショルダーとして肩やベビーカーにかけて運べる」「ウエストポーチとして装着できる」など、様々なメリットを持つ収納カバーに注目が集まるようになりました。

おすすめな抱っこひもの収納カバー

①TUGY(トゥギー)

トゥギーは、エルゴベビーやニンナナンナ、バディバディなどの抱っこひもに対応した収納カバーです。

カフェのオーナーが、自身の育児経験やカフェに集まるママたちを見て、「もっと楽にしてあげたい」という気持ちから生まれたカバーであり、使う側の目線に立った「あったら便利」な一品と言えます。

こちらは、好みの生地を数種類の中から2枚選ぶことができ、オーダーメイドで作ってもらうシステムです。

オーナーがこだわったと言われるカバー生地は、ハワイのFabric Martの商品であり、デザイン性が高い上にリバーシブルとしても使えるため、おしゃれなママにも大変人気があります。

一点一点が手作りにも関わらず、価格は税込み3500円とリーズナブルですので、同僚や友人への出産祝いにも最適です。プレゼントの際は、1つは無地の生地を選ぶことで、フォーマルでも使えるため重宝されます。

【TUGY公式通販】
▼  ▼  ▼
http://tugy.locanda-setagaya.com/

②hulule(フルレ)

フルレの収納カバーの最大のポイントは、取り外すことなくカバーが付けられるところです。

こちらは、エルゴやボバ、コランなど多くの抱っこひもに対応しており、赤ちゃんがヨチヨチ歩きを始める頃など、歩きと抱っこを頻繁に繰り返す時期には、腰ベルトだけを出してウエストポーチとして使うこともできるため大変便利です。

また、バッグにしまいたい場合は、カバーに全部入れることでコンパクトに畳めますし、肩やベビーカーにぶら下げることも可能です。

デメリットとしては、使用回数が少ない内は生地が硬く収納しづらいといった意見もあるようですが、何度も使用して洗濯を重ねると生地が馴染んでいくと言われています。

価格は税込み2970円からとリーズナブルな価格設定であり、バッグチャームなどがセットになったプレゼント用はラッピングも含めて6000円前後で販売されています。

【hulule公式運営通販】
▼  ▼  ▼
http://havanababy.net/

③JolieJoie(ジョリジョア)

ジョリジョアは「ダボつかないカバーが欲しい」と言ったオシャレなママたちの声から生まれたスタイリッシュな収納カバーです。

こちらはリバーシブルとなっており、片方を厚みのある丈夫な生地にすることで、抱っこひもを収納した際にできるいびつな形をフラットな状態にすることが可能となりました。

また、カバーに付いたスナップボタンはアレルギーの心配がないようにプラスチック性でできており、しっかりと留まる強度の高い物にしてあります。

生地は綿100%の日本製であり、しっかりとした質感と丁寧な縫製ですので、赤ちゃんにも安心して使えます。価格は3000円前後となっており、エルゴに合わせて作られていますが、腰ひも付き抱っこひもであれば対応できるものも多くあります。

【JolieJoie公式運営通販】
▼  ▼  ▼
http://store.shopping.yahoo.co.jp/jolie-joie/

④ルカコ

ルカコは、赤ちゃんを育てるママが、ママたちのために作ったオリジナルの収納カバーです。

実際に抱っこひもを使用したことがあるママたちの「もっと手軽に」などの声を参考に、抱っこひもを使わないときもスマートに運べるカバーが完成しました。

ルカコの特徴は、抱っこやおんぶの最中でも抱っこひもに付けておくことができるのでなくす心配が無いところや、ベビーカーのフックに掛けたり、ウエストポーチやバッグ風に肩にかけておしゃれに持つことが可能なところです。こちらは、エルゴやコランなどに対応しており、価格は2200円から3000円程度とリーズナブルなところも人気の1つです。

【収納カバー専門店 ルカコ公式通販】
▼  ▼  ▼
http://lucacoh.com/

手作りの収納カバーもおすすめ

材料

①53センチ×50センチの生地2枚
②20センチのゴム2本
③スナップボタン(5つ)かマジックテープ

作り方

まず、①の生地を表地が内側に来るように2枚重ねて、縦部分の両端をミシンか手縫いで縫い合わせます。

次に、両側とも縫い代から2センチの内側を縦に縫い、②のゴムを伸ばした状態で通して、生地と一緒に縫いつけます。

そして、片側に返し口を忘れないように開けて、横部分を縫い合わせたのち、布を裏返して返し口を縫います。

最後は、横部分に③のスナップボタンかマジックテープを付けたら完成です。

まとめ

いかがでしたか。単なるベビーキャリアとしてではなく、ファッションアイテムとしても人気の高い抱っこひもですが、今やその収納カバーにまで熱い注目が集まっています。

何かと個性がクローズアップされる時代だからこそ、こだわりの育児アイテムを持ちたいと考えるママが増えてきたのも人気の要因ですね。

機能性やファッション性に優れた抱っこひもの収納カバーで、あなたの育児もより楽しいものに変えてみてはいかがでしょうか。

関連記事
Comment





Comment