toggle

赤ちゃんの股関節脱臼を防ぐスリングの抱き方


赤ちゃんを抱っこする時などママをサポートしてくれる人気のベビースリング。コレさえあれば、赤ちゃんとのちょっとした外出にも便利ですし、使わない時は小さく畳めるところもママには嬉しいポイントですよね。

ただ、スリングは便利な半面、使い方を間違えると赤ちゃんの股関節脱臼を引き起こす危険も潜んでいます。

そこで、スリングの安全で正しい使い方についてご紹介したいと思います。

赤ちゃんの股関節脱臼を防ぐには

生後間もない赤ちゃんの関節は大変柔らかく、股関節も外れやすい状態になっています。

赤ちゃんの股関節が外れる原因として、一昔前までは先天性(先天性股関節脱臼)である可能性が高いと言われてきましたが、最近では赤ちゃんの自然な体勢を妨げたことによっても多く起きていることが分かってきました。

赤ちゃんの自然な体勢とは、膝を曲げて股をM字型に開いた蛙のような状態です。

 

 

すなわち、あおむけに寝かせた際に、足をバタバタと動かせることが赤ちゃんにとって最も自然な状態であると言えるのです。

生後3か月頃まではこの姿勢を崩さないように、できれば赤ちゃんが自分で歩けるようになるまでは股を開いた状態で過ごすことが望ましく、赤ちゃんはこの期間に足を自由に伸ばしたり縮めたりする運動をして、股関節は元気に強く成長していくと言われています。

こうしたことから、外出などでベビースリングを使用する場合には、赤ちゃんが自然な体勢でいられるようにしてあげることが大切になってきます。

スリングによる姿勢の圧迫で、赤ちゃんの足が伸びたままの状態が続くと股関節脱臼を引き起こす危険性も高く、特に生後3か月未満の赤ちゃんに使用する場合は、横抱きやバナナ抱きなどの足が伸びる体勢になる抱き方は避けた方が良いでしょう

新生児の基本抱きを覚える

生後3か月未満の赤ちゃんにベビースリングを使用する場合は、正しい使い方をきちんと理解することが重要です。スリングの正しい使い方を知る上でも、まずは日本ベビースリング協会や日本小児股関節研究会が推奨する「新生児の基本抱き」を把握することを是非おすすめしたいと思います。

新生児の基本抱きとは、股関節脱臼になりやすい日本人の赤ちゃんに推奨されている抱き方であり、赤ちゃんとママがお腹をくっつけるように向き合う方法です。

本来であれば、生後間もない赤ちゃんの場合、横向きで水平に寝かせながらの抱っこが良いと考える人が多いと思いますが、股関節脱臼を防ぐためには赤ちゃんを縦抱きにして、股関節を十分に開かせるやり方が良いと言われています。

そのため、新生児期から生後3か月くらいまでの赤ちゃんを抱っこする際は、コアラを抱っこするような形の「コアラ抱っこ」が推奨されており、この抱き方が新生児の基本抱きと認知されています。

基本抱きのポイントとしては、赤ちゃんと向かい合った状態で片手で赤ちゃんのお尻を支えながら、もう片方の手で赤ちゃんの首や背中などの上半身をサポートしてあげることです。

赤ちゃんの首がすわるまでは、赤ちゃんの身体を少し傾けながら首をママの上腕部にもたれさせると赤ちゃんの首が安定されますので、生後3か月まではこの姿勢で抱っこするように心がけ、3か月健診で股関節に異常が無く関節も特に硬くないと診断された以降は、コアラ抱き以外の抱き方にも是非チャレンジしていきましょう。

スリングを使った抱き方のポイント

外出先などでスリングを使う場合にも、赤ちゃんの抱き方は股関節脱臼を防ぐことのできるコアラ抱っこ(基本抱き)がおすすめです。スリングを使ってコアラ抱っこをする際は、赤ちゃんの両足をお尻より高い位置に持っていき、お尻に重心がかかるようにしてあげることが重要です。

但し、お尻が下がりすぎると、膝裏がうっ血することもあるのでお尻の位置には十分注意してください。また、スリングに赤ちゃんを入れる時は、スリングの生地を広げて肩や背中を覆うように包みながら、頭だけ出るようにしてあげましょう。

その際、ゲップをさせる時の体勢から入れてあげるとスムーズに行えます

 

 

赤ちゃんをスリングに入れた後は、鏡で赤ちゃんの足の体勢やお尻の位置を確認することを忘れないようにしましょう。注意点としては、ママも赤ちゃんもスリングに慣れてない内は転落の危険性もあるので、立ったまま装着せずに座った状態や低い位置で行うようにすることです。

慣れてくると、スリングに入れるママの動作もスムーズになり、赤ちゃんは入った後のポジショニングが自分でできるようになってきます。

抱き方のコツとしては、赤ちゃんの上半身とママの胸付近に隙間があると、ママの腰に多くの負荷がかかるため、なるべく密着するように抱くことです。まだ首のすわっていない赤ちゃんの場合は、赤ちゃんの上半身をやや斜めに倒してあげると姿勢が安定します。その際、ママの片手はいつも赤ちゃんの首を支えるようにしてください。

ちなみに、首がすわりかけた時期の赤ちゃんには、ショルダー部分の反対側にくる足を脇に挟むようにポーチに入れてあげると安心します。

授乳の際は、腕をポーチに入れることで赤ちゃんの頭まですっぽり入るため、外出先でもおっぱいがあげやすくなりますよ。まずは、自宅で新生児の基本抱きを上手にできるようになってから、外出時にスリングを使ってコアラ抱っこにチャレンジすることをおすすめします。